箸検定

世界で唯一の「箸検定」とは

「箸検定」は、世界で唯一の日本箸文化協会認定資格の検定です。
合格者は「箸ソムリエ」として箸文化の普及活動を行うほか、当協会認定「箸講師」としての道も開けます。海外でも和食が注目される中、箸をきちんと使い、箸を通して日本のよき心、感謝の心の伝承、健全な生活の普及を目指します。
*「箸検定」「箸ソムリエ」は日本箸文化協会の登録商標です

資格取得の流れ
STEP1 箸ソムリエ ベーシック
~協会認定講師への出発点〜
開催日時 第36回箸ソムリエ ベーシック
2022年 9月4日(日)
13:00~16:00(受付開始12:30)
願書締切 2022年 8月21日(日)申込分まで有効
ゴール お箸の正しい持ち方、基本を学ぶ
受験料 10,000円(税込)
試験内容 設問25問から選択方式
(当日の講義内容から出題)
講義内容 箸の歴史・文化・語源・種類
箸使いのマナー
割りばしのTPO
当日の流れ(状況により前後します) 講義(13:00〜15:10)※途中休憩あり
試験(15:20〜16:00)
受験方法 オンライン(ZOOM)
対象者 お箸使いが気になる人
お箸使いの基本マナーを学びたい人



単なる試験ではない満足度の高い検定を目指しています
各種メディアで活躍する各種メディアで活躍する気鋭のフードプロデューサー / 世界随一の箸文化の研究者
小倉朋子(当協会代表)監修。
目からウロコの和文化・箸文化セミナー」「箸検定」半日一挙両得。 
受験料には講習料・受験料・テキスト代が全て含まれます。

STEP2 箸ソムリエ シニア
~「オリジナルmy箸作り教室」の開催権取得。当協会認定講師への登竜門~
レポート提出期間 第21回箸ソムリエ シニア
2022年 7月31日(日)~ 8月14日(日)
願書締切 2022年 7月31日(日)申込分まで有効
ゴール お箸作りを通して、正しい箸の持ち方を普及できる
受験料 18,000円(税込)
試験内容 ・設問に対しての小論文記述
・お箸作りのワークショップ実践
認定目標 正しい箸の持ち方の教え方、安全安心素材のお箸作りキットを
使用しオリジナルデザインのmy箸作りのワークショップを修得し、
お箸を通して日本文化をを発信できる
対象者 お箸作りを通して、正しい箸の持ち方を普及したい人
受験資格 「箸ソムリエ ベーシック」の合格者
指定テキスト(Amazonにてご購入ください。)
●Kindle版『人間力は「箸づかい」に見える』ディスカヴァー・トゥエンティワン



STEP3 協会認定箸講師
~当協会認定箸講師として「お箸教室」の開催権取得~
レポート提出期間 第20回箸 協会認定箸講師
2022年 8月7日(日)~ 8月28日(日)
願書締切 2022年 8月7日(日)申込分まで有効
ゴール 協会認定箸講師として、箸を通し和の良き心を普及できる
箸マナーの所作、知識を活用し仕事として活かせる
受験料 30,000円(税込)
試験内容 設問に対しての小論文記述・講座開催時のオリジナルプラン作成
認定目標 協会認定箸講師としてインストラクションとコミュニケーション力を習得し、講座の企画・運営を実現できる
     お箸を通し和の良き心を普及させたい人
対象者 お箸を通し和の良き心を普及させたい人
幼児教室経営者・社員教育を必要とする人
保育士・栄養士・栄養教諭など食育指導を目指す人
●受験資格:「箸ソムリエ シニア」の合格者
※伝統的なお箸の持ち方を日本箸文化協会では「正しい箸の持ち方」として推奨しております。



■受験された皆さんの感想はこちらLinkIcon